お茶当番について


 父母会といたしましては、母親に当番をやっていただくことが望ましいと考えております。 特に、試合のアナウンスなどはボーイズリーグでは、女性が行うことが慣例となっています。 父親が当番を行う場合、下記の内容を十分理解して、アナウンス以外は母親と同様の作業を行って頂きます。
 
1 体制
・通常当番 当番2名
・公式戦 アナウンス2名、追加当番2名  【1人あたりの当番回数(目安)】
 ※年間25回程度の予想ですが、所属選手数により変動しますので、ご注意ください。
 
2 作業内容
(1) 朝作業
① 練習開始
選手の出欠確認をし、練習開始の一斉メールをします。
② 準備作業
道具車よりお茶道具(夏期はクーラーボックス)などを持ってきます。
③夏期作業
各家庭で作氷した氷を選手より回収し、日陰におきます。 各選手のお弁当を回収し、日陰におきます。
④    冬期(12月から)作業
味噌汁作り(具材は選手より受け取ります。味噌が足りなくなれば補充します。)
⑤    監督やスタッフへのお茶出し
⑥    スタッフ用テーブル・椅子の設置、必要に応じて、日よけ用テント設置
⑦    ジャグ
選手の飲料水として、ジャグに飲料水を入れ準備します。無くなれば補充します。
 
     (2)      お昼前の作業
①    昼食の準備として、10時~11時ごろに、 監督、スタッフへ昼食のメニューを選んでもらい、お弁当屋さんへ注文します。
②    11時半頃にお弁当屋さんへ弁当の受け取りに行きます。(立替え→精算)
 
     (3)      夕方以降の作業
①    引き継ぎ 補充品のチェックをし、次回当番との引き継ぎを行います。
②    ゴミは当日当番が持ち帰ってください。
③    補充品が必要な場合、次回当番が購入(立替え(物によっては前払いあり)→精算)して持ち込んでください。
④    終了時刻の通知 終了時刻を監督またはスタッフへ確認し、一斉メールを送信します。
⑤    最終確認 選手が解散した後、解散メールを送信します。
 
     (4)      その他随時作業
①    道具車のガソリン補充
道具車のガソリン残量が少なくなったタイミングで給油します。
②    遠征時の車だし
遠征時に配車当番が、車だしを募集しますが、道具車となった場合、遠征道具を 現地まで運搬します。 その他の車だし当番は現地までの選手の送り迎えを担当します。 距離に応じてガソリン代、高速代を後日精算します
③    公式戦のアナウンス
母が担当します。この時、2試合以上の場合、別途2名追加当番を募集します。
 
 以上が当番作業の概要ですが、その他にも役割分担によっては、別作業が入る可能性がございますので、あらかじめご了承ください。
 
3       お手伝いの回数
2回/月程度(ただし繁忙期(夏期)には3~5回担当してもらっています。)